ill musica

I can't find myself. I can't find myself. I can't find myself.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2005.04.04 Monday】 - | - | - |posted by : スポンサードリンク

Galaxie 500 / This Is Our Music


GALAXIE 500 [THIS IS OUR MUSIC]

mixiで書いたのですけど、The Velvet UndergroundでRockに
目覚めました。小学生の僕には圧倒的な影響力を持って、
彼らの音楽は鳴り響いてました。

彼らは存在からしてアートでした。普通のグループ・ショット
一つ取り上げても芸術的で憧れに値する存在でした。
N.Y.が特別な街なのは彼らが居たからなのです。

Galaxie 500は、80年代のVelvetsでした。
でもこのバンドはN.Y.ではないです。
先日ベーブ・ルース放出の呪いをといた、レッド・ソックスの街
Bostonです。当時Boston出身バンドでキラ星のように出てきたのは
Pixiesでした。そして、その輝きの後ろで影のように存在したのが
Galaxie 500。音的にも派手なPixiesに対してVelvets譲りの
金太郎飴サウンドの彼らは地味に映った物です。

でも、作品を重ねるごとに人気が上がりカレッジ・チャートで
そこそこのポジションに入ってました。
バンドはアルバム3枚で空中分解し、Luna Luna(現Luna)と
デーモン&ナオミに分かれました。

その最終作がこの作品です。
先行シングルであった名曲“Fourth of July”でスタートする、
ポップでありながらアート的な、まるでVelvetsの3rdのような
作品です。タイトルからして自信作である事を伺わせるように、
3枚の中でも一番彼らの音楽を象徴するような作品ですね。

彼らの音楽はスロー・コアと呼ばれるようになり後の
シューゲイズに繋がります。
彼らの初来日公演のチケットを持っていたのですが、
見れませんでした。

なぜって?
来日目前に解散したからですよ!
そんな思い出があるから、
いまだに彼らを聴き続けるのかも知れないです。
【2004.10.30 Saturday】 Alternative | comments(0) | trackbacks(0) |posted by : cure
<< The Smiths / “Rank” | main | The Stone Roses / Turns Into Stone >>

スポンサーサイト

【2005.04.04 Monday】 - | - | - |posted by : スポンサードリンク









http://illmusica.jugem.cc/trackback/144

blog information

>> Latest Entrys
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Blog People

このページの先頭へ