ill musica

I can't find myself. I can't find myself. I can't find myself.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2005.04.04 Monday】 - | - | - |posted by : スポンサードリンク

DJ Shadow / Endtroducing...


DJ SHADOW [ENDTRODUCING...]

歴史的名盤と呼ばれる作品は結構沢山あったりします。

この作品も数ある歴史的名盤の中の一枚
現在のサンプリング・ミュージックの方向性を決めた作品です。
それほど影響力のある作品なんです。

アーティスト名が示す通り、影がある重いビートが気持ちよく、
元々Hip-Hopからスタートし少年時代にNew Waveの洗礼を受けた
であろうサウンドの組み立て。同世代の僕は凄く理解出来る。

こうして、新たなスタイルが完成していくのだと感心します。
何故彼の音楽に引きつけられたかは分かっている。
彼の音楽からはThe CureやDepeche Modeの記号が埋め込まれ
ているから。ダークな部分を持ちながら踊れる音楽でないと
ダメなんですよね。

ダンス・ミュージックは進化し続ける。
【2004.10.14 Thursday】 Electronica | comments(0) | trackbacks(0) |posted by : cure

Aphex Twin / Drukqs


Aphex Twin [drukqs]

僕は昔、バンドをやってました。

でも、10代後半頃にバンドに向いていない事に気づいた。
時を同じくして「アシッド・ハウス」にはまった。
そして、DJになったんですよ。

その頃に出会ったのが、Aphex Twinことリチャード・D・ジェームス
同い年だったのもあるけど親近感があった。
彼のデビュー作[Selected Ambient Works 85-92]を聴いて直感的に
僕と似ていると思ったんですよ。

彼の第三世代テクノは圧倒的な孤独感がしみ出る寂しい音楽。
バンドを捨てた当時の僕にしみ込む音楽だった。

この作品は彼が突き進めてきた音楽の最終型に近い音楽。
ジャケットに写るピアノの旋律が寂しげで儚い。
そして「美しい」
大胆なリズムの展開を残しつつ、更に現代音楽的なアプローチも
みられ難解さも増してる。人気が低い作品なのは知ってますが、
僕にとって彼の最高傑作です。
【2004.09.19 Sunday】 Electronica | comments(0) | trackbacks(1) |posted by : cure

autechre / DRAFT 7.30


autechre [DRAFT 7.30]

7年以上働いた職場を離れる時、色々な感情がわき出た。
「あ〜、明日から自由だ!」「は〜、スッキリした。」
「おまえら全員これからも苦しみやがれ!」「こんな会社倒産しやがれ!」
など、もうすぐ1年経つのか……。そのころよく聴いていたのがこのアルバム。

色々な感情にピッタリ合う曲がたんまり入ってる。
複雑なビートが曲ごとに展開され、踊りにくい事この上ない。
このアーティストが好きな人はMですね。マゾです、マゾ!

最近また繰り返し聞いてるな〜。転職が近いのかな……。
【2004.04.17 Saturday】 Electronica | comments(0) | trackbacks(0) |posted by : cure

YMO / Solid State Survivor


YMO [Solid State Survivor]

ドラマ「北の国から」で純がお母さんのお見舞いで
久しぶりに東京へ帰るシーン知ってますか?
純が初恋の彼女の家を訪ねます。そこには昔の仲間が
都会の遊びに興じる。純、仲間に入れず一人音楽を
ヘッドフォンで聴く。その時のレコードがこのアル
バムでした。カルチャーショックを受ける、純。
東京が、トキオになったのを知ります。

純と歳が近い僕は、その友達と同じリアクションを
していました。

「知らないの純?これ流行ってんだぜ!」

これ以降、この世代は音楽に対して、
真剣に向き合うことになった。

YMO恐るべし…
【2004.04.02 Friday】 Electronica | comments(0) | trackbacks(0) |posted by : cure

blog information

>> Latest Entrys
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Blog People
1 / 1

このページの先頭へ