ill musica

I can't find myself. I can't find myself. I can't find myself.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2005.04.04 Monday】 - | - | - |posted by : スポンサードリンク

Buzzcocks / Singles Going Steady


BUZZCOCKS [singles going steady]

はい、またマンチェスターです、それが何か?
ちなみにユナイテッドは嫌いです。シティが好きです。

このアルバムを良く聴いていたのは高校2年の時かな
友達と二人でパンクをカヴァーするユニットを組んで
いた時かな。友達はアコギとヴォーカルを担当、
僕はエレギとヴォーカル。ツイン・ヴォーカルですね。

ユニット名は「激画エロス」1年ぐらい活動してた。

友達がセレクトしたのがSex Pistols,Damned,Exploited
僕はBuzzcocks,The Clash,G.B.H.,Ramones,Sham69

ハッキリ言って楽しかった。二人という事もあってか、
ライヴの前座に良く声が掛かりライヴ本数も結構こなした。
ギターアンプとマイクが2本あれば、すぐにライヴが出来る
からね、このユニットは。

Buzzcocksの曲が一番楽しかったな〜。
“what do I get?”“I don't mind”“autonomy”
全部思い出の曲です。

友達は現在福祉の仕事をしてるのですが、
職場で“oh shit!”とか言ってないかドキドキしてます。
おじいちゃん、おばあちゃん相手にパンク魂を注入する
彼の姿が目に浮かびます。ww
【2004.09.05 Sunday】 Punk | comments(0) | trackbacks(0) |posted by : cure

The Clash / London Calling


The Clash [London Calling]

ジャケットに写っているベーシストであるポール・シムノンと
会った事がある。
このアルバムが発売されて10年後の事です。
彼は当時、Havana 3AMというバンドを組んでいました。
そのインストア・イヴェントが当時僕が働いていたレコ屋で
行われたからです。
リーゼント姿でサンドウィッチを頬張る彼が僕に握手を求めた。
までは、良かった…。笑顔で握手したその時の顔を忘れない。

歯、歯が、前歯が1本無い…。

パンクロッカーの生き様をこんな所で垣間見た。

サイン入りのこのレコードを家で見るたびに、涙する僕がいる。
パンク=クラッシュ間違いない!
【2004.04.14 Wednesday】 Punk | comments(0) | trackbacks(0) |posted by : cure

blog information

>> Latest Entrys
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Blog People
1 / 1

このページの先頭へ